オリジナルTシャツプリント情報館

Tシャツにプリントするには

自分でデザインしたオリジナルTシャツを作ってみたいと思ったことはありませんか?既製品ではなく世界にひとつしか存在しないTシャツです。自分のメッセージを文字だけで表現したり、もっと抽象的なデザインで表現したり、アイデア次第で可能性は無限に広がりそうです。 ところで現在、Tシャツになんらかのプリント、印刷をしたい場合、いろいろな選択肢がありますね。一番歴史もあり今でもなおTシャツプリントの定番となっているのはシルクスクリーン印刷ですね。色ごとに版を作成する必要があり、版代は1版数千円するのが一般ですから色数の多いデザインの場合、版代がそれなりに必要になります。またプリント代も1刷りいくらかですから色数分のプリント代が必要です。転写プリントは家庭で言えばデザインを反転させてプリンターで転写紙に印刷し、それをTシャツの上にセットしてアイロンで転写する、一番お馴染みの方法です。家庭でのこの方法では堅牢度が出ないため洗濯すると剥がれてしまったり基本的にはワンシーズン限りの使用を念頭に置く必要がありますね。ただ、Tシャツプリントの専門業者さんのは、流石ちょっと違うようです。かなりの堅牢度が可能という会社もあります。どんな業種でもそうですが、いろいろノウハウがありますから当然でしょう。 家庭での転写用紙によるプリントとは別物と思えるほど、その可能性も格段に違います。 最近のはやりはインクジェットダイレクトプリントでしょうか。家庭用のインクジェットプリンターを巨大にしたようなもので、デザインをTシャツに直接プリントしていきます。紙の代わりにTシャツがプリンターにセットされます。わたしも展示場で模擬運転を見る機会がありました。これも機械なのでメーカー各社で格差ありと思いました。インクの出の精度もあるのでしょう、10枚プリントしてすべてまったく同じの色味で10枚が仕上がらないなんてことがあることも確認しました。黒等の濃色に鮮明にプリントが、はたして可能なのか?Tシャツプリント会社での対応はまちまちのようです。濃色のTシャツへのインクジェットプリントは受け付けていない会社、デザイン部分を抜染処理後プリントする会社、白色のインクでデザイン部分をプリントし、その上に再度プリントして可能としている会社等いろいろあるようです。 どのプリント方法を選択するのかは、デザインの事情や注文する枚数、プリントに求める質などによって違ってきます。プリント料金についても各社でかなりの差があります。安くても高品質のプリントをしてくれる会社を私は知っていますが、そこより値段が数倍も高い会社のプリントに失望したこともありました。どの会社がいいのか見極める必要があります。